インターバル速歩と運動療法研究会 本文へジャンプ
会 則

インターバル速歩と運動療法研究会 会則


(総則・名称)
第1条  本会はインターバル速歩と運動療法研究会と称する。

(目的)
第2条  本会は、精神疾患、脳機能の改善、および生活習慣病や高齢者の介護予防などに対するインターバル速歩を中心とした運動療法を市民に対し実践し、その効果などに関する研究を行う。そして、それらの発展向上と地域における健康増進を図ることを目的とする。

(事業)
第3条  本会は第2条の目的を達成するために次の事業を行う。
(1) 研究会の開催
(2) 講演会の開催
(3) 国内関係学会との交流および国際交流
(4) 市民に市民公開講座などを通してインターバル速歩を中心とした運動療法を啓発する事業
(5) 運動療法を必要な市民に対して実践する事業
(6) 運動療法に関する研究活動
(7) その他本会の目的達成に必要な事業

(構成・会員)
第4条 本会は、本会の主旨に賛同する医師および研究者並びにその他の者をもって構成する。
2.本会に入会を希望する者は申込用紙に必要事項を記入し、入金5,000円と共に研究会事務局に届け出るものとする。以上の手続きを行い、理事会の承認を得た者を会員とする。

(役員)
第5条 本会に次の役員をおく。
会長 1名
理事 若干名
幹事 若干名
会計監事 2名

(運営)
第6条 理事は会員により選出される。
2.理事は理事会を組織し、会務を処理する。
3.会長は当分の間、鈴木宏が務める。
4.会長はこの会を代表して会議を統括し、必要な会議を招集する。
5.役員会は年一回開催する。
6.役員会は最高の意思決定機関とする。

(会計・会費)
第7条  本会の経費は入会金・会費・参加費その他の収入をもって当てる。予算および決算は理事会にて議決する。
2.会費は年1万円とする。
3.会費の変更は理事会の議決で決定する。
4.なお、特別な理由もなく連続して2年間会費を納入しない場合、退会したものとして扱うこととする。

(会計監事)
第8条 本会の収支決算は毎会計年度終了後に作成し、会計監事の監査を経て理事会に報告しなければならない。

(事務局・連絡先)
第9条 事務局は会長のもとに、会員名簿の整理、会費の管理等研究会の運営に必要な諸事務をおこなう。

2.本会の事務局は当分の間、下記に置く。
〒170-0002 東京都豊島区巣鴨1−3−22 アドニスアマノ2F
       青葉こころのクリニック内
  連絡責任者 鈴木宏
  TEL 03−5981−0556
  FAX 03−5981−0557

付則(施行細則)
(1)役員の任期は4月1日から翌年3月31日までの1年間とする。ただし、再任を妨げない。
(2)本会の会計年度は毎年4月1日から翌年3月31日までとする。
(3)本会則は平成21年4月16日から施行する。

   
インターバル速歩と運動療法研究会